ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅内のエネルギー消費を抑え、同時にエネルギーを創ることで、家庭でのエネルギー消費量を差し引きでネット(正味)ゼロにする住宅のことです。 国が普及を推進しており、2030年の新築住宅は、全てネット・ゼロ・エネルギー化を目指すとされています。 スマートハウスと比べて、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は1年間の消費エネルギーよりも、創エネルギーが大きくなる住宅を指します。 それだけ創エネルギーが大きい、または省エネ性が高い住宅といえます。 高効率の設備が必須になりますが、「何を」・「どのように」選択すれば良いか、私たちにおまかせ頂ければ最適なプランをご提案させて頂きます。

エネルギーの考え方

4つのポイント

断熱・気密性能・通風採光性を高め、室内温度を年中快適に保つことで、エアコンの使用頻度を低減。また、最新省エネ機器などの導入により、無駄なエネルギー消費を抑制します。
自然エネルギーを利用し、環境負荷が低い特性を持つ太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)などでエネルギーをつくります。
太陽光発電でつくった電力や、割安な深夜電力を蓄電池などに貯めておけば、消費電力の多い日中などに使うことができます。
家庭で電気を「創る」「蓄える」「賢く上手に使う」ために電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムのことです。
ページ上部へ戻る